婦人科

概要・診療について

概要

婦人科では、女性の思春期から成熟期、更年期、閉経期に起こるさまざまな疾患を診療しています。10代からの月経不順、無月経、その後の月経痛、過多月経、PMS、子宮内膜症、卵巣嚢腫、子宮筋腫、子宮内膜ポリープ、不正出血、その後の更年期やシニア世代の諸症状、骨粗しょう症など広く対応しています。外来では、婦人科を専門とする常勤医師が毎日診療を行っています。完全予約制ですので事前予約をお願いいたします。入院診療では、主に婦人科良性疾患の内視鏡下手術を扱っており、婦人科内視鏡手術や腹腔鏡、および子宮鏡を専門とする医師が手術、および術後の外来における管理を行っています。開腹での手術は行っていませんので、内視鏡下の手術の対象とならない場合は、大学病院など連携している医療機関を紹介させていただきます。

治療方針

内視鏡下手術に力を入れています。婦人科の治療において内視鏡下手術の優れている点は、身体に対する侵襲が少なく、翌日歩行可能なことが多く、短期間の入院で済むことです。ただし、すべての手術が内視鏡下でできるわけではなく、診察の結果、内視鏡下の手術の対象とならない場合もありますが、いかに低侵襲に治療を行うかを目標にしています。また、病状などにより開腹による手術が適切だと判断した場合には、連携病院に紹介しています。

得意分野

婦人科内視鏡手術を専門とし、婦人科良性疾患の下記内視鏡下手術を主に扱っています。
腹腔鏡下手術:子宮筋腫摘出術、卵巣嚢腫摘出術、子宮内膜症病変除去術
子宮鏡下手術:子宮筋腫摘出術、子宮内膜ポリープ切除術
婦人科内視鏡手術、腹腔鏡および子宮鏡を専門とする医師が手術や術後の外来における管理に対応し、迅速な治療を低侵襲で行うことを心がけています。

対象疾患

  • 10代からの月経不順、無月経
  • 月経痛
  • 過多月経
  • PMS
  • 子宮内膜症
  • 卵巣嚢腫
  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜ポリープ
  • 不正出血
  • 更年期やシニア世代の諸症状
  • 骨粗しょう症など

医師紹介

多田 雅人
名前 多田 雅人
役職 部長
専門分野 婦人科・内視鏡下手術
(腹腔鏡下手術、子宮鏡下手術)
所属学会 日本産科婦人科学会
日本内視鏡外科学会
日本産科婦人科内視鏡学会
日本生殖医学会
資格 日本産科婦人科学会専門医
日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医(腹腔鏡・子宮鏡)