眼科

概要・診療について

概要

眼科では、白内障や緑内障、加齢黄班変性などの網膜疾患、ドライアイなどの角膜疾患、ぶどう膜炎、眼瞼疾患などに加え、糖尿病から生じる網膜症、脳の異常が原因の神経眼科領域など全身疾患と関係した病気の診療にも他科とも連携しながら対応するなど、目に関するあらゆる病気の診察を行っています。日本眼科学会眼科専門医が、外来にて診療を行っており、光干渉断層計(OCT)やハンフリー視野計、パターンレーザーなどの機器も整備するなど、多くの眼疾患に対応できる体制を整えています。外来は予約制ですが、当日予約も可能です。入院治療が必要な場合は、関連病院の東京医科歯科大学医学部附属病院や近隣の入院対応可能な眼科へご紹介します。当院への通院が困難となった場合は、患者さんの近隣医療機関への逆紹介も行っています。かかりつけ眼科をめざしており、気軽な相談から治療まで適切な医療で対応させていただきます。

治療方針

しっかりと問診を行った上で患者さんの状態を的確に判断し、それぞれの病態に応じた治療を選択することが重要であると考えています。また、患者さん自身の疾患に対する理解も治療効果を左右すると考え、しっかりとした説明を心がけています。糖尿病をはじめとした他科との連携が大事である疾患が多いため、日頃から院内での連携がスムーズに行われるよう心がけているほか、当院で治療可能であるか否かを適切に判断し、入院治療など専門病院での治療が必要となれば迅速に紹介し連携しています。

得意分野

眼科疾患全般に加え、ぶどう膜炎や強度近視など比較的発症頻度が少ない疾患の診療にも対応しています。手術に関して現在は、ものもらいなど外来でできる手術に対応しており、より専門的な治療が必要な場合には大学病院などに紹介いたします。状況によっては、関連病院の東京医科歯科大学医学部附属病院などに、その日のうちに紹介することも可能です。

対象疾患

  • 白内障
  • 緑内障
  • 加齢黄斑変性
  • 網膜血管病変(網膜静脈閉塞症など)
  • 糖尿病網膜症
  • ぶどう膜炎
  • 強度近視
  • 網膜裂孔
  • 網膜剥離
  • 角膜疾患(ドライアイ、ヘルペス性角膜炎など)
  • 眼瞼疾患(睫毛内反症、眼瞼下垂、眼瞼炎)
  • 涙道疾患
  • 神経眼科領域疾患
  • 結膜疾患(アレルギー性結膜炎、細菌性結膜炎、結膜弛緩症など)

医師紹介

二神 百
名前 二神 百合
役職 医員
専門分野 ぶどう膜炎
所属学会 日本眼科学会
日本眼炎症学会
日本近視学会
資格 日本眼科学会眼科専門医
竹内 弥生
名前 竹内 弥生
役職 医員
専門分野 黄斑疾患
所属学会 日本眼科学会
日本眼循環学会
資格 日本眼科学会眼科専門医
PDT受講終了認定医