脳神経内科

概要・診療について

診療科概要・特徴

脳神経内科では、脳梗塞などの脳血管障害、アルツハイマー型認知症やパーキンソン病などの変性疾患、重症筋無力症やギラン・バレー症候群などの免疫疾患、髄膜炎などの神経感染症、てんかん、頭痛、遺伝性疾患など、脳や脊髄などの中枢神経系、末梢神経系、筋肉に生じる疾患を対象に診療を行っています。常勤の日本神経学会神経内科専門医1人が、外来と入院で診療を行っています。脳神経内科全般に対応していますが、その中でも特に認知症に力を入れており、近隣の医療機関とも連携しながら、脳波や核医学をはじめとする検査も行い、総合的に評価・判断し、専門医療を提供しています。受診の際は、ご本人だけでなく、ご家族や状況がわかる方もご一緒に来院され、お話を伺えると助かります。また、当科の診察には時間がかかるため、かかりつけ医からの紹介状をお持ちになり、診察の予約をお取りください。かかりつけ医がないという方は、ご相談ください。また、脳ドックの結果で気になる点がある場合も当科にご相談ください。必要に応じて脳神経外科など専門の医療機関をご紹介します。

治療方針

脳神経疾患の原因はさまざまで、循環器疾患や脊椎疾患、内分泌疾患、糖尿病や高血圧症、リウマチなどの膠原病などとも深く関わっています。また、症状も半身麻痺といった脳梗塞を疑うものから、頭痛やめまい、ぼんやりする、最近のことを忘れる、しゃべりにくい、しびれる、手作業がしにくくなる、動作がゆっくりとなるなど、多種多様です。そのような中で当科では、他の診療科とも連携を取りながら患者さんの状態を的確に判断し、迅速に診断と治療を行うことが重要と考えています。また、各種ガイドラインを遵守し、患者さんやご家族との意思疎通、丁寧な説明を大切に診療します。

得意分野

脳神経内科疾患全般に対応していますが、その中でも特に認知症に力を入れています。認知症の治療、症状の変化を予測する上で正確な診断は欠かせません。当科では、採血、CTやMRIなどの画像検査、各種高次脳機能検査のほか、他の医療機関と連携しながら、核医学検査や髄液アミロイド測定などの特殊な検査も行っています。治療にあたっては、薬物療法のほか、早期から本人や介護される方の環境を調整することが非常に重要だと考えており、地域の医療機関のみならず、介護サービス提供機関との連携を大事にしています。

得意分野
得意分野

対象疾患

  • 血管障害:脳梗塞など
  • 認知症に関連する疾患:アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭葉変性症、正常圧水頭症など
  • 変性疾患:パーキンソン病、大脳皮質基底核変性症、多系統萎縮症など
  • 免疫疾患:重症筋無力症、慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー、多発性筋炎など
  • 感染症:髄膜炎など
  • そのほか:頭痛、てんかん、肝臓や腎臓障害・ビタミン欠乏など代謝・栄養障害と関連する神経障害

脳ドックの結果で気になる点がありましたときにも受診をご検討ください。