整形外科

概要・診療について

概要

整形外科では、脊椎・脊髄疾患に特化した診療を行っており、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症といった一般的な疾患から、高度な技術を必要とする脊柱変形や脊髄腫瘍、頸椎後縦靭帯骨化症などの難治疾患まで対応しています。整形外科に在籍する10人の医師のうち7人が脊椎・脊髄疾患を専門としており、年間の脊椎・脊髄疾患の手術件数は1,000件を超えます。ただし、治療は手術のみを選択肢とはせず、患者さんの重症度や予想される経過、日常生活の状況などを考慮し、運動療法、投薬などの保存治療の適応を判断しています。新鋭の3.0TのMRI2台、低放射線量の全身画像撮影システム、CT、Ⅹ線骨密度測定装置(DXA)を導入しているほか、手術室には可動式CT装置を備えており、これにより得られた3D画像を手術用ナビゲーションシステムに即座に取り込むことで、患部の精密な位置を把握した上で手術が可能です。外来では、脊椎以外の外傷やスポーツ・関節疾患、骨・軟部腫瘍も診療していますが、専門的な治療が必要な場合には、適切な連携施設を紹介しています。

治療方針

患者さんに病状と治療方針の十分な説明を行い、同意を得てから治療を行うように努めています。外来では、運動療法と投薬による保存治療が中心となりますが、症状の進行を認めた場合には、タイミングを逃すことなく手術治療を検討しています。入院治療では、すべての患者さんの症状と画像検査の結果を医師全員で検討して、手術の要否を含めた治療方針を決定しています。また、脊椎・脊髄疾患では麻痺を伴うことが多く、回復には術後のリハビリテーションも重要です。当院では、理学療法部門と連携して、術前から理学療法士によるリハビリテーション介入を行っています。

得意分野

頚椎から腰椎まですべての脊椎・脊髄疾患に対応しており、治療に高度な技術を要する後縦靭帯骨化症や脊柱変形、脊椎・脊髄腫瘍の患者さんを他の医療機関から多く紹介していただいています。手術の安全性向上のため、術中CTナビゲーション、脊髄誘発電位測定、手術用顕微鏡を積極的に活用しています。先進の医療技術も積極的に導入し、脊椎圧迫骨折に対する経皮的椎体形成術(BKP)、低侵襲の側方椎体間固定術(XLIF/OLIF)、腰椎椎間板ヘルニアに対する椎間板内酵素注入療法(ヘルニコア注入)を実施しています。

  • 得意分野
  • 得意分野
  • 得意分野

対象疾患

  • 環軸関節亜脱臼
  • 頚椎症性脊髄症
  • 頚椎症性神経根症
  • 頚椎椎間板ヘルニア
  • 頚椎後縦靭帯骨化症
  • 頚椎症性筋萎縮症
  • 胸椎椎間板ヘルニア
  • 胸椎後縦靭帯骨化症
  • 胸椎黄色靱帯骨化症
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 成人脊柱変形(成人の変性側弯症や変性後弯症)
  • 思春期特発性側弯症
  • 脊髄腫瘍
  • 化膿性脊椎炎
  • 硬膜外膿瘍
  • 特発性硬膜外血腫
  • 骨粗しょう症
  • 椎体骨折(脊椎圧迫骨折)
  • びまん性特発性骨増殖症
  • 脊椎外傷 など

実績

手術件数

  2017年度 2018年度 2019年度
総手術数 1,046 1,056 1,027
うち脊椎手術数 1,040 1,045 1,021

疾患別手術件数

部位 疾患名 2017年度 2018年度 2019年度
頚椎 頚椎後縦靭帯骨化症 37 25 28
頚椎症性脊髄症 74 73 83
頚椎椎間板ヘルニア 7 8 5
頚椎症性筋萎縮症 12 11 11
頚椎症性神経根症 9 5 5
胸椎 胸椎後縦靭帯骨化症 4 3 4
胸椎黄色靭帯骨化症 10 7 8
胸髄症 8 5 5
腰椎 腰部脊柱管狭窄症 592 554 563
腰椎椎間板ヘルニア 80 96 88
成人脊柱変形 53 54 58
思春期特発性側弯症 14 9 18
腫瘍・外傷 脊髄腫瘍 8 12 7
脊髄損傷 4 2 3
転移性脊椎腫瘍 7 5 3

入院・外来患者数

  2017年度 2018年度 2019年度
入院延患者数 43,611 46,067 42,646
1日平均入院患者数 119.5 126.2 116.5
新入院延患者数 1,587 1,548 1,534
外来数(1日平均) 105.4 105.1 100.8

医師紹介

中井 修
名前 中井 修
役職 病院長
専門分野 脊椎・脊髄
所属学会 International Society for Study of the Lumbar Spine
Societe Internationale de Chirurgie Orthopedigue et de Traumatol
日本整形外科学会代議員
日本脊椎脊髄病学会評議員
東日本整形災害外科学会評議員
日本腰痛学会監事
日本側弯症学会
日本脊髄障害医学会
日本脊椎インストゥルメンテーション学会
日本脊椎・脊髄神経手術手技学会
日本病院会理事
日本脊椎前方側方進入手術学会顧問
資格 日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医
東京医科歯科大学整形外科臨床教授
山浦 伊裟吉
名前 山浦 伊裟吉
役職 名誉院長
専門分野 脊椎・脊髄
所属学会 日本整形外科学会名誉会員
日本脊椎脊髄病学会
日本腰痛学会名誉会員
国際整形災害外科学会
資格
進藤 重雄
名前 進藤 重雄
役職 診療部長
専門分野 脊椎・脊髄
所属学会 日本整形外科学会
日本脊椎脊髄病学会
日本側弯症学会
日本脊椎インストゥルメンテーション学会
東日本整形災害学会(評議員)
関東整形災害外科学会
日本脊椎前方側方進入手術学会
脊椎外科同好会(幹事)
資格 日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医
東京医科歯科大学医学部整形外科臨床准教授
大谷 和之
名前 大谷 和之
役職 部長
専門分野 脊椎・脊髄
所属学会 日本整形外科学会
東日本整形災害外科学会
関東整形災害外科学会
日本脊椎脊随病学会
日本脊髄障害医学会
日本腰痛学会
日本脊椎・脊髄神経手術手技学会
日本側弯症学会
日本脊椎インストゥルメンテーション学会(理事)
日本低侵襲脊椎外科学会
日本成人脊柱変形学会(幹事)
日本脊椎前方側方進入手術学会(執行幹事)
資格 日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医
草野 和生
名前 草野 和生
役職 医長
専門分野 脊椎・脊髄
所属学会 日本整形外科学会
日本脊椎脊髄病学会
日本脊椎インストゥルメンテーション学会
東日本整形災害外科学会
日本脊椎前方側方進入手術学会
日本腰痛学会
日本成人脊柱変形学会
資格 日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医
三宅 論彦
名前 三宅 論彦
役職 医長
専門分野 脊椎・脊髄
所属学会 日本整形外科学会
日本脊椎脊髄病学会
日本腰痛学会
日本脊椎前方側方進入手術学会
資格 日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医
山田 剛史
名前 山田 剛史
役職 医長
専門分野 脊椎・脊髄
所属学会 日本整形外科学会
日本脊椎脊髄病学会
日本脊椎インストゥルメンテーション学会
東日本整形災害外科学会
日本脊椎前方側方進入手術学会
資格 日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医
牛尾 修太
名前 牛尾 修太
役職 医長
専門分野 脊椎・脊髄
所属学会 日本整形外科学会
日本脊椎脊髄病学会
日本臨床神経生理学会
日本脊椎前方側方進入手術学会
日本脊椎インストゥルメンテーション学会
日本成人脊柱変形学会
資格 日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本臨床神経生理学会専門医- 術中脳脊髄モニタリング分野
黒澤 紀雄
名前 黒澤 紀雄
役職 医員
専門分野 整形外科一般
所属学会 日本整形外科学会
日本リハビリテーション医学会
日本股関節学会
資格
佐々部 敦
名前 佐々部 敦
役職 医員
専門分野 整形外科一般
所属学会 日本整形外科学会
資格
山﨑 舜
名前 山﨑 舜
役職 医員
専門分野 整形外科一般
所属学会 日本整形外科学会
日本関節病学会
資格
※資格等についての問い合わせ:九段坂病院 TEL:03-3262-9191